家庭用脱毛器で永久脱毛は可能

家庭用脱毛器で永久脱毛ができるか?ということですが、これは間違いです。
脱毛サロンでも同じです。
現在は、永久脱毛という言葉も使用することがあまりありません。
ただ、脱毛の処理が軽減されるといったことになります。
日本の脱毛業界の中で、永久脱毛とは、脱毛が終了して1か月後に毛の再生が20%以下の場合、最終の脱毛施術後、6ヶ月以内に毛が再生しない場合を指します。
要するに、永久脱毛とは、まったく毛が生えていないことを指すのではなく、最低限の発毛があったとしても、永久脱毛とすると言った内容になります。
この定義から行くと、家庭用脱毛器の脱毛でも、一応の永久脱毛は可能になります。
ただ、期限に関しては、それぞれの性能とその方の発毛によって大きく変わります。
強い光で、毛根に激しく刺激を与えることで、短期間で発毛を抑えられることも出来ますが、そうではない場合もあります。
また、サーミコン式の家庭用脱毛器の場合は、永久脱毛は無縁で、定期的な脱毛が必要になります。
ただし、その周期は長くなるとされています。
家庭用脱毛器の場合は、もう絶対に毛は生えないという保証はありません。
また、きっと生えてきますが、その数は極めて少ないでしょうといったことになります。
人によって、永久脱毛の定義そのものに差がでますが、少なくとも一般的な永久脱毛をすることは出来ないことはないとされています。
それがいつかはわからない、特定はできないこととされています。

あわせて読みたい