脱毛器の原理はカメラと同じ?

脱毛器の原理は、カメラのフラッシュと同じキセノンランプです。
要するに、フラッシュの最強版を肌に照射すると思ってください。
カメラのフラッシュを浴びた時に、目がチカチカしますが、光脱毛はそれよりも強力名光を発して、毛根に刺激を与えます。

それを肌色の部分では何も反応しませんが、黒い毛を見つけることで、即座に発光し、毛根に強い刺激を与える仕組みになっています。
毛根も強い刺激を一瞬で受けることで、火傷をしてしまいます。
そうした内部の組織が一部や全部壊されて、発毛する力がなくなって、脱毛できた状態になります。
たいていの脱毛器は、一度の刺激では完全ではなく、何回か刺激を与えることになり、発毛しないところまで持って行くことになります。
脱毛器のスイッチをオンにすると、電気が放電され、光として放出できるようになります。
それをフィルターを使って、肌に放出すると、黒いものに反応して、毛根に届く仕組みになっています。
要するに一瞬の光で、毛根に刺激を与える脱毛器です。
脱毛される瞬間はあっという間で、何回下行なってキレイすることができます。
この時に、黒いモノ以外にも反応してしまうことは、肌に大きな影響を与えます。
上手く出来ているものです。
性能が良いものは、光の威力が強く、それだけ毛根への刺激も大きくなりますが、脱毛器を何回もかけずに、肌がきれいになると言えます。
これは光の強さが大きいという証拠ですが、価格も高くなることが多いです。

あわせて読みたい