家庭用脱毛器でアトピー肌の脱毛 悪いことではないのですが

アトピー肌の方の家庭用脱毛器の使用については、特別問題はないとされています。
レーザーやフラッシュ脱毛に関しては、直接肌に触れないもので、返ってアトピーが良くなる(美肌効果)がある場合も報告されています。
弱い出力で強い刺激を与えない、スキンケアを徹底的に行なうことで、肌を保護しながらの家庭用脱毛器の使用はあまり心配がないとされています。
ただ、アトピー肌の方で、既に炎症ができていたり、カサカサ度合いが激しい時などは、家庭用脱毛器の使用は禁止です。
炎症や傷に対しては、余計な負担をかけてしまいます。
毛に対して反応をする脱毛と言うのは当たり前ですが、肌の上にある毛以外の色の付いているものに対しても何らかの反応をしてしまうとされています。
サーミコン式の家庭用脱毛器に関しては、肌に刺激を与えることになりますからオススメ出来ません。
できるだけ、光脱毛のモノのほうが良いとされています。
とは言え、アトピー肌の度合いにもよりますから、どうしてもキレイな脱毛をお考えの方、肌のためにも、病院などで行なうほうが良いとされています。
病院ですと、医療行為もできますから、トラブル対応もできます。
脱毛サロンより病院の方が良いでしょう。
何かあって、新たに薬が増えるなんていうことがないよう、炎症なども起こさないよう気をつけなければならないです。
家庭用脱毛器のしても安心と言われるものもありますが、個人差が大きく、アトピー肌に対するしっかりとした保証もありません。

あわせて読みたい